胃痛
  • 2018.2.27

プロペシアの副作用はどんなの挙げられる?

男性ホルモンの一種であるテストステロンは、酵素と結びつくことでジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。
DHTは幼少期は男性器の形成に働きかけ、思春期以降は前立線肥大・体毛増加等の働きをします。
しかし体毛を増加させるDHTですが、頭部になると髪の成長を妨げ、男性型脱毛症(AGA)につながります。

そこで前立線肥大症やAGAの治療薬として使われるのが、プロペシアです。
プロペシアの成分であるフィナステリドには、テストステロンがDHTに変わるために必要な酵素を抑制する働きがあります。
するとDHTが作られなくなり、症状の改善につながるのです。

しかしプロペシアを使用すると、様々な副作用が生じる恐れがあります。
その中でもまず最初に挙げられるのが、性機能低下です。DHTは性機能にも深いかかわりがあります。
そのためプロペシアでDHTの生成を抑制してしまうと、性欲減退、勃起不全、精子濃度低下、無精子症などの症状が生じる恐れがあります。
またホルモンバランスが乱れることで、自律神経が乱れ、頭痛や胃痛が生じることもあります。
これらの症状が現れた場合は、医師に相談し、男性ホルモンの量を調節するようにしましょう。

またプロペシアが体に合わない場合も、頭痛や胃痛が生じることがあります。
さらに皮膚のかゆみ・蕁麻疹・発疹・むくみ・血管浮腫が見られる場合は、過敏症の恐れがあります。
過敏症は薬の成分に免疫が過剰に反応している状態です。
使い続けてしまうと意識障害などにつながる恐れがあるため、これらの症状が現れた場合はすぐに使用を中止しましょう。

そしてプロペシアの副作用で特に注意したいのが、肝機能低下です。プロペシアは肝臓で代謝されます。
この時肝臓に強い負荷がかかると、肝機能が低下し、食欲不振・吐き気・発熱・発疹・皮膚や白目が黄色くなる・尿が茶褐色になる等の症状が現れます。
これらの症状が出た場合は肝機能が低下している証拠なので、すぐに薬の使用を中止し、医師に相談しましょう。

プロペシアで太ることもある

「プロペシアを飲むと太る」という話をよく聞きますが、プロペシアそのものには「太る」という副作用はありません。
ではなぜ「プロペシアを飲むと太る」ように感じられるかというと、それはホルモンバランスが影響しているからです。

プロペシアには男性ホルモンの一種であるDHTの生成を抑制するという働きがあります。
DHTの生成が抑制されると、ホルモンバランスが乱れ、身体の様々な部分に悪影響を及ぼすようになります。
例えばホルモンバランスが乱れると自律神経も乱れ、頭痛や胃痛につながります。
さらに代謝がうまくいかなくなり、摂取したエネルギーが十分消化されなくなってしまいます。
すると消化しきれなかったエネルギー源が余り、体重増加につながるのです。

またプロペシアを飲むと太る原因として、ストレスが挙げられます。
プロペシアによってDHTの生成が抑制されると、勃起不全や性欲減退等、性機能に関して様々な副作用が生じることがあります。
そして副作用による症状が現れると、それがストレスにつながります。
またプロペシアを服用しているがなかなか結果が現れない場合、焦りや苛立ちがストレスに変わります
そしてストレスが溜まると、心身に負荷がかかり、様々な症状が出てきます。

その1つとして挙げられるのが、過食です。過食とは通常より多く食べすぎてしまう状態。
多く食べてしまうと、消費しきれなかったエネルギーが余り、体重増加につながります。

プロペシアそのものには「太る」作用はありません。
しかしプロペシアの働きかけによりホルモンバランスの乱れ・副作用が生じたり、満足のいく結果が出ないためにストレスが溜まり、太りやすくなる可能性があります。
この場合、適度な運動やバランスの取れた食事、適度なストレス発散を心がけることで防ぐことができます。

関連記事
ページ上部へ戻る