インターネットで個人輸入をする様子
  • 2018.2.25

プロペシアは通販サイトを使って個人輸入

通販サイトを利用するメリット

プロペシアは継続して使う必要のある医薬品ですが、国内で処方を受けると保険適用外で高額になることから、人によっては費用の負担が大きくなり継続することが難しくなるケースが珍しくありません。
このような時に安価でプロペシアを購入することができるのが個人輸入代行の通販サイトの大きなメリットです。
プロペシアは国内では処方箋が必要な医薬品ですので、国内の一般的な通販サイトでは購入することができませんが、海外から個人輸入を行う代行サイトであれば問題なく購入することができます。

また、こうした個人輸入代行の通販サイトで個人輸入するメリットは、サイトによってはポイントがつくという点です。
もともと安価であるのに加えて、ポイントで割引を受けることができるのは費用の負担を軽減することに繋がるため、メリットとなるのです。

他にも時間がかからないという点も、忙しい方にとっては大きなメリットといえるでしょう。
一般的にプロペシアの処方を受けるには、最低でも一度は医師の診察を受けなければいけません。
クリニックによっては診察を受けるまでの待ち時間がかなり長くなることもありますし、地方の場合、そうしたクリニックが少ないこともあるはずです。
しかし、通販サイトであれば、待ち時間もクリニックを探す手間もかけずに家に居ながら注文することができ、プロペシアを手にすることができるのです。

個人輸入した場合のプロペシアの価格は?

プロペシアの個人輸入を考えた時に気になるのが、クリニックなどで処方を受けるのと比べて、どのくらい価格が安くなるのかということでしょう。
価格は個人輸入代行サイトによって若干の違いはありますが、平均すると一月あたり4000円~5000円程度が相場となっています。
クリニックなどで処方を受けた場合、一月あたりの価格が6000円~7000円程度が相場となりますので、これと比較すると通販サイトから購入した方が安いのは明白です。
その差は、1年間で換算すると20000円近く違ってくるほどです。

また、クリニックの場合は、処方代に加えて診察料などもかかってくるため、合計すると一月あたり10000円程度は必要となってきます。
こうしたことも踏まえると、やはりプロペシアを継続するためには個人輸入の方がおすすめといえるでしょう。
また、個人輸入で出来るだけ安価に購入したいのであれば、数ある個人輸入代行サイトの価格を比較することが大切です。
先述した価格は、あくまで通販サイトでの相場ですので、サイトによっては相場より若干、安いところもあります。
そうしたサイトを利用すれば、より費用負担を抑えて、プロペシアを購入することができるのです。

個人輸入する前に注意すること

プロペシアは個人輸入した方がお得に購入できるのですが、個人輸入する前に注意しなければいけないことがいくつかあります。
まず一つ目が個人輸入代行サイトの選び方です。
医薬品の個人輸入代行サイトの中には、粗悪な偽物を正規品として販売しているような悪質なサイトもあります。
もしも、そうしたサイトを利用してしまうと危険です。
なぜなら、正規品と比べて偽物は成分が少なく調整されていたりしますし、中には人体に害のある成分が配合されていることもあるからです。
そうしたリスクを減らすためにも、個人輸入代行サイトの評判をしっかり調べて、正規品保証がついているようなサイトを選ぶようにしましょう。

次にプロペシアを飲んだことで起こる体調の変化も把握しておかなければいけません。
個人輸入はあくまで自己責任で医薬品を服用することになりますので、服用して体に影響が出た時に早めに対処するためにも、プロペシアでどのような影響が出やすいのかを知っておくことが重要なのです。
代表的な体への影響は、うつ症状が出てしまうことですが、人によっては太るというものもあります。
どちらもプロペシアがホルモンバランスに影響を与えることが関係していると考えられていますので、うつ症状がでたり、太ることが気になるような場合は、いきなり個人輸入をするのではなく、一度クリニックで処方を受けて大きな変化が起こらないかを確かめてみるとよいでしょう。

関連記事
ページ上部へ戻る