2005年に厚生労働省に先発医薬品として承認されたMSD社が製造・販売するAGA治療用の内服薬『プロペシア』です。
AGA治療薬としては最もポピュラーな医薬品ですから「服用すれば誰にでも効果が現れる治療薬」といったイメージを持たれている方が多いかもしれません。

ただ、プロペシアは有効成分フィナステリドの作用でAGAの原因となるDHTの産生を阻害し、ヘアサイクルを改善することでAGAの進行遅延が期待できる薄毛の薬です。
そのため単体で服用しても強力な発毛効果が期待できるAGA治療薬というわけではありません。
ですので、プロペシアを服用すれば誰もが期待通りの効果が得られるというわけではないのです。

また、抜け毛・薄毛の原因が円形脱毛症や脂漏性脱毛症などAGAでない場合にはプロペシアの本来の効果が発揮されませんし、感受性の高低など体質によって効果が左右されるAGA治療薬でもあります。
そこで、今回はプロペシアの効果・どういった人に効果が現れやすいかについての説明、他にもプロペシアの飲み方・入手方法・副作用について解説します。

プロペシアの効果作用

プロペシアの作用は「AGAの原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を抑える」です。
AGAを発症する仕組みはテストステロン(男性ホルモン)が5α-還元酵素によりDHTに変換される働きが活性化してDHTを大量に生成、そして毛乳頭細胞内の男性ホルモン受容体と結合することで髪の毛の成長を抑制するよう指令を出します。
その指令により髪の毛の成長期が短縮化されてヘアサイクルが乱れることで細く弱々しい髪の毛が増えやがて薄毛になっていくというわけです。

フィナステリド(プロペシアの有効成分)の作用はテストステロンより高い活性を示すDHTに変換させる2型5α-還元酵素を阻害することです。
2型5α-還元酵素が阻害できればテストステロンが強力なDHTに変換される働きも抑えられますから、DHTの生成量自体を減少させる事ができ髪の毛の成長を阻害する働きも抑えることができます。
したがって、プロペシアはAGAにより生じる抜け毛を抑制、乱れたヘアサイクルを是正してAGAに効果を発揮するというわけです。

プロペシアの効果については20~50歳までのAGA患者を対象に3年間行われた1日1回継続服用という長期投与試験で98%の服用患者に症状の進行が見られません。
1年後には40%が現状維持で58%が改善・3年後には20%が現状維持で78%が改善という結果が出ていますから、プロペシアは毎日の継続服用かつ長期服用によってより高い効果が得られることが分かります。

また、2型5α-還元酵素の活性は優性遺伝で親から受け継ぐと考えられています。
親のどちらかがそういった遺伝子を保有していれば高確率で2型5α-還元酵素の分泌量が多くなりAGAの発症リスクも比例して高まります。
プロペシアが効きやすい体質かそうでないかについては遺伝的要因である男性ホルモン受容体の感受性が大きく影響するのです。

毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体の遺伝子には特定の塩基配列が繰り返されている部分があり、実はこの配列のリピート数によってプロペシアの効果が効きやすい体質であるかが分かるのです。
このリピート数は病院や検査キットの遺伝子検査で調べる事ができ、この数が少ないと受容体の感受性が低いことを示します。
具体的には24から25以下だとプロペシアが効きやすい体質、それ以上だとプロペシアが効きにくい体質であると判断されます。

プロペシアへの感受性の高さはDHTへの感受性の高さも示すためAGAを発症しやすい体質でもあるということですが、その場合はプロペシアの治療効果が最も期待できる体質でもあるということです。
逆に受容体の感受性が低いとプロペシア以外で有効な治療法を探す必要が出てきます。

プロペシアの飲み方

MSD社が販売・製造するプロペシアにはAGA治療の内服治療薬ですから、基本的な飲み方としては他の内服治療薬と同じように用法・用量を守って飲む事です。
また、プロペシアには1mgとその5分の1サイズの2種類がありますが、サイズが小さい方は効果も低くなるため、副作用が気になる人やまだ飲み始めで効果を調整したいという人に向いています。
特にそういったことが気にならない人やもっと効果を上げたいという人は1mgといった選択の仕方です。

ただ、プロペシアの有効成分フィナステリドの血漿中濃度は服用24時間でほとんどなくなってしまうので、効果を切らさないためにはできれば決まった時間で1日1錠の服用が原則となります。
服用上限は1日1mgですから、効果をより実感したいからといって1mg以上服用するのは副作用のリスクも高まるので特に気を付けておかなければいけない点です。

臨床データからプロペシアは1年以上の服用、それ以上の長期服用により改善効果が高まっていく傾向にあるので継続服用が大切なAGA治療薬となります。
早い人では3ヶ月程度で効果を実感される人もいますが、半年以上経っても一向に変化が見られなかったり症状が進行している場合は医師に相談するのが賢明です。

フィナステリドの耐性(体が慣れて効かなくなる)を懸念する声もあります。
論文データではフィナステリドを10年間服用し続けた脱毛症の人を追跡した結果、96%の人が現状維持できているといったデータもあります。
フィナステリドの耐性については科学的根拠が乏しく医学的証明もされていないので、長期服用における効果に問題はないと考えられます。

プロペシアはどのタイミングで飲んでも有効成分の吸収に変わりはないので、食前・食後に飲まなければいけないといった事はありません。
成人男性専用のAGA治療薬なので安全性や有効性が確認されていない女性や子供の服用は禁止されているお薬ですし、65歳以上の高齢者に対しても有効性が確認されているわけではないので高齢者の服用は推奨されていません。

加えて、有効成分フィナステリドは妊娠中の女性が服用のみならず破損した錠剤に触れるだけでも、有効成分が経皮吸収されて男子胎児の生殖器官に異常をきたす可能性があるので、錠剤をピルカッター等で割って量を調節するなどの行為は注意が必要です。
また、プロペシアは前立腺がん検査で重要な腫瘍マーカーの数値を低下させるため、検査前に医師に錠剤を服用していることを知らせておく必要があります。

プロペシアの入手方法

プロペシアの入手方法には病院と個人輸入代行通販サイトの2つの方法があります。
このAGA治療薬は医療用医薬品に分類されるものなので医師の処方箋が必要となりますから、基本的には病院で処方してもらうのがプロペシアの一般的な入手方法ですが、個人輸入代行通販サイトでプロペシアを入手することもできます。
病院の場合の値段はクリニックによって異なるもののAGA治療薬は保険適用外なので1ヶ月分の相場は6千円から7千円となりますから、コストをできるだけ抑えたいということであれば個人輸入代行通販サイトの方が格安価格で購入することができます。

フィナステリドを有効成分とする先発医薬品はMSD社が製造・販売するプロペシアです。
実は米国に本社を置く世界最大の製薬会社が日本国内で後発医薬品の製造・販売承認を取得したのを皮切りに、製造・販売の承認を受けた国産の後発医薬品の販売が開始されておりAGA治療のクリニックなどで処方されています。
ところが、個人輸入代行通販サイトで格安価格で購入できるのは国内では未承認の海外製の後発医薬品であり流通しているのは国産の後発医薬品ではありません。

個人輸入で流通しているプロペシアの後発医薬品の中に偽造品や粗悪品が出回っているのは事実です。
偽造品が流通していることは現在、医療業界全体を揺るがす大きな問題にまで発展しており、安全性が確認できないため医薬品の個人輸入に対して注意喚起が促されている状況です。

粗悪品の中には有効成分であるフィナステリドは全く含まれていないものであったり、薬効成分が不足しているものや雑菌が混入している疑いがあるものなど、健康に悪影響を及ぼす可能性があるものが少なくありません。
また、見た目からは正規品との区別がつかないような精巧な偽造品も発見されているので、個人輸入は安全性が高い入手方法とは言えない状態です。

とはいえ、個人輸入代行通販サイトを介してプロペシアの後発医薬品を購入することでコストを数千円抑えられるのは事実です。
長期服用により高い効果が得やすいAGA治療薬というのは臨床データからも分かっていることですから、偽造品や粗悪品を取り扱っていない信頼できる・実績のある代行サイトであれば、長期服用による経済的な負担も軽減でき正規品と同様の効果が期待できます。

ただ、プロペシアは医師の処方箋が必要な薬ですし、個人輸入の場合は副作用が生じた場合の救済制度の対象とならず自己責任となります。
仮に副作用が発生した場合でも医師による適切な対応・処置が受けられる病院で処方してもらう入手方法が推奨されています。

プロペシアの副作用

プロペシアは積極的に発毛を促す効果というよりも、AGAを引き起こす脱毛因子の働きを抑制することで抜け毛を減らす・ヘアサイクルを整えてAGAの進行を遅らせることに効果を発揮する治療薬ですが、医療用医薬品にはリスクがつきものなのでプロペシアを服用することで副作用が発生する可能性はあります。

AGA治療薬の副作用でよく見られるのが初期脱毛です。
初期脱毛はプロペシアを服用し始めてから1ヶ月・2ヶ月程度の間に抜け毛の量が増えることですが、薬を服用しているのにもかかわらず抜け毛が増加すると心配になる方が多いはずです。
しかしながら、初期脱毛はあくまで元々抜け落ちる予定だった髪が薬効によって前倒しで抜け落ちてしまっただけであって、ヘアサイクルの都合上起こる可能性がある症状なのでしばらくすれば抜け毛は落ち着いてきます。

ただ、プロペシアの副作用で注意しておかなければいけないのはこの薬の代表的な副作用である性機能の低下です。
フィナステリドは男性ホルモンに影響を与える成分であるため特に性機能への影響が懸念されているわけですが、臨床データによると最も発症率が高いのが性欲減退でありその発症率は約1%となります。
その他にも精液量の低下・勃起不全・射精障害など性機能の低下も確認されているもののその発症率は1%未満です。

また、下痢や胃の不快感などの消化官障害も見られますがこちらも発症率は1%未満ですし、肝機能障害が発生した症例も報告されているものの、こちらは極めて低い発症率であるため重大な副作用はほとんど見られません。
とはいえ、肝機能が低下している場合は医師に相談の上での服用が賢明です。
ただプロペシアは最も高い発症率の性欲減退でさえ1%程度などの臨床データからしても副作用の発生頻度がかなり低い医療用医薬品です。

さらに、プロペシアには実薬とプラセボ薬(有効成分を含まない薬)との比較を行った臨床データもあります。
最も発症率が高い性機能の低下に関しては実薬の方が発生頻度がやや高いものの、プラセボ薬との大きな差は見られませんから、副作用の発生には思い込みなど精神的なものが左右している可能性が高いとも考えられています。

これら以外にもプロペシアの副作用として発生頻度は分かっていないものの、蕁麻疹や発疹などといった過敏症であったり、乳房圧痛・乳房肥大・めまい・抑うつ症状といった副作用が報告されています。

ページ上部へ戻る